GPM SCADA

大型メガソーラー監視室管理
PV事業専用にデザインされた、ハイスペックデータ測定と制御システム

GPM SCADA

GPM SCADAは運転管理と制御動作に適した施設内設置型の監視システムです。ローカルサーバーを介して施設内ディバイスと通信、インターネット経由でGPMメインサーバーと通信し、PV+とPortalの利便性も併せ持つシステムです。GPM SCADAはデータ測定頻度調整、センサー観測数値比較など、クライアントの条件を満たす設定が細部まで可能です。


GPM SCADA の特徴
 


リアルタイム監視

アラーム設定

レポート個人設定

遠隔操作

データの個人設定

SCADAレイアウト

O&Mマネージメント

コントロールパネル

各デバイスを施設内から一括で管理可能

主要な特徴

Control Room Monitoring

コントロール ルーム

対話型単線結線
施設のパフォーマンスをリアルタイムで制御可能

SCADAレイアウト
電力・生産、相対電力量を全ディバイスから可視化、検査

警報マネージメント
施設内の異常や説明、リアルタイムデータ個人設定が可能

データ情報詳細
素早い異常事態の把握、各ディバイスのリアルタイムデータ分析

Full Data Customization

ご要望に応じたデータ設定

リアルタイム監視
ディバイス間のデジタル・アナログ出力のインポート、フィルターなど操作可能

区分の固定変数
施設内機器のKPI、PRなどの効率化、最適化を見るグラフ作成

変数の個人設定
変数の組み合わせや変数の新規作成

データ統合
全ての監視変数の比較、報告書の作成、グラフ、アラートの分析が可能

Data Analytics

データ分析

可視化多様ツール
ご希望の変数を表、多種類のグラフを用いて可視化設定

柔軟なデータセッティング
周期変更や精密度、関数の秒単位の細かい設定

解析の保存と転送
分析結果の保存や加工可能なフォーマットに転送

KPI比較
監視変数の総合比較、発電所機器のパーソナライズ表示

O&M Management

O&Mマネージメント

警報の個人設定
発電所のアラームや装置を具体的な発動条件で発報

スマートアラームの分析
当システムではアラートを拡張変更でき、偽陽性、偽陰性を抑制。重故障を再発報など、自由自在な設定が可能

チケットの発行
メンテナンス用のタスク表を添付し、対策の近況を共有

リスクヘッジメンテナンス
異常を事前に回避する、メンテナンススケジュールの設定と通知

Remote Controlling

遠隔装置

パワープラントコントローラー
施設の有効電力、無効電力を制御。その他力率、周波数、電圧、コンデンサーバッテリーをネットワークマネージャ希望の設定に合わせる

手動遠隔操作
指定出力を施設内ディバイスへ送信

反応性コマンドの活性化
コマンドの自動送信設定、特定の条件に反応するコマンドの設定

登録コマンドとコントロールコマンド
数値とコマンドの最大送信設定や反応ごとの詳細ログを確認

Automatic Reporting

レポートの自動送信

U企業イメージ
報告書に御社ロゴ、カラー、雛形、その他資料を挿入

自動作成・自動送信
データが整った際、自動で報告書の作成と対象メールアカウントへの送信

報告書の個人設定・テンプレート
ソフトウェアのレポート以外に、ご要望に合うレポートの作成

メンテナンスレポート作成
アラートや対応後の結果報告書の作成

対象ユーザー

現場技術者      I      監視室 業務員

含まれるサービス

現場での性能検証
計測データの転送、統合

アカウント設定、適正化
国内お客様サポート

サーバーメンテナンス
遠隔バックアップデータストレージ

監視装置のご案内をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

是非デモンストレーションをご要望ください。