GPMゼロインジェクション

 

GPMゼロインジェクションとは何ですか?

「GPMゼロインジェクション」はスマートな調節方法であり、顧客の内部消費量のデータを利用し―つ以上のインバータの出力をダイナミック制御する仕組みです。

この制御システムは消費量(アナライザーで測定)と太陽光発電量を監視しエネルギーの要求と発電が合うように管理します。

GPMの「GPMゼロインジェクション」エネルギーソリューションは消費量がゼロの状態でも、エネルギーがインバータよりグリッドに注入しないことを保証します。

応答時間に対する補足として、セキュリティストリップや保護を持っているので、GPMシステムは、電力損失や電子部品の故障の状況で切断をすることができます。

更に、GPMはシステム全体の動作を遠隔監視し、稼動履歴データを保存します。

GPMは、インテリジェントなソリューションである「GPMゼロインジェクション」の完璧な動作を保証します。

性能

Artema_6 japanese

 

 

 

「配線」で見られるように、ネットワークアナライザは、BMD(基本監視装置)へ消費データの送信する役割を持ちます。

BMDはデータを受信した後に消費データに基づいて出力をダイナミックに調整するようにインバータにコマンドを送信する役割を持ちます。

消費量が発電より多くなる場合には電力をネットワークからインポートします。。

いずれでもグリッドへの注入は防止します。

 

 

値の追加

  • インバータから出力される電力をダイナミックに調節し、抽出された値を監視することを同じシステムがします。
  •  同じ製品は単相施設に、又は必要な追加のプローブを含めて三相施設にも使用されます。

  

 

必要なデバイス

 「ゼロインジェクション」の設定を完了するには、次のデバイスが必要になります。

  1. BMD(基本監視装置)
  2. ネットワーク·アナライザとDC電源アダプター
  3. その他のソリッドステートリレー·産業コンタクタ抵抗状態(GPM供給の範囲外)
  4. ルータ3G以上のデジタルタイマー(必要な場合)

 

 

互換性

このシステムは、市販されている各種のインバータに対応されています。

 logos inversores

 

 

 

 

成功事例

5ZERO
10kWのMonerインキュベーター発電所

6ZERO
3.3kW のRiudaura発電所

7ZERO
5kWのAl-Maison発電所

8ZERO
5kWのZabadiba Salim発電所